気になるAGA治療の情報を載せていきます。

AGAに悩んでしまう男性のみなさん!これからはハゲなんて呼ばせないためにも、今から改善しましょう。お金があってもハゲ・ブサイクは女性から好かれませんよ。そんなあなたのために最新のAGA治療をご紹介します。

2017年01月の記事一覧

ミレットは安全な、AGAの飲む育毛栄養剤です

ミレットは髪を作り出すための栄養素をたくさん含んでいます。AGAに対して、飲む育毛剤として最近注目を集めています。ミレットはイネ科のキビなどから抽出される自然成分で、キビは日本でも古くから五穀の一つと数えられてきた食糧です。毛髪に良いとされる成分が多く、副作用もなく安心して使用できます。ヨーロッパでは昔から育毛剤として使用されており、頭皮につけたり飲んだりしていました。今ではサプリメントとして、安全な飲む育毛剤として服用されています。他の育毛剤にありがちな副作用がないので、安心・安全を希望される方にお薦めです。
ミレットが薄毛に対して良い理由は、シスチン、亜鉛、ビタミンB2、ケイ素などが豊富に含まれていることがあげられます。シスチンはケラチンの主成分で、ケラチンは髪を作るのに重要な主成分です。髪の毛は90%がケラチンでできているのです。シスチンは体内では作り出せないので食事などで摂取することが必要です。AGAの直接的な原因となる物質はDHT(ジヒドロテストステロン)ですが、亜鉛はこの物質が作られるのを抑制する働きがあります。亜鉛は味覚にも大切な栄養素で、髪の成長や再生にとても影響があります。ビタミンはよくあるサプリメントですが、ミレットはビタミンB2・B6を多く含み、育毛に必要な成分を多く含んでいます。ビタミンB2は皮脂の分泌を抑えることができ、新陳代謝を活発にする要となる成分です。髪が弱々しく切れやすくなる時はケイ素が不足しているかもしれません。ケイ素は髪の毛の組織を固め、丈夫にし、抜け毛も少なくします。以上のように、ミレットには髪に必要な成分を多く含み薄毛に対して栄養面からカバーすることができます。AGAには男性ホルモン、遺伝などの影響が大きいですが、適切な治療を行いながら、健康食品としてミレットを摂取することはとても効果的です。

続きを読む

M字タイプ薄毛はAGAの可能性が高いので病院で治療

男性にとって20代なかばから30代にかけて次第に気になり始めるのが頭髪の薄毛です。その原因には様々な可能性が考えられ、例えば頭皮に大量の皮脂分泌が生じて毛穴詰まりが起こると抜け毛が悪化して薄毛へと発展する傾向にありますし、生活習慣の中でも食生活や睡眠不足、ストレスの増加、運動不足などによって血行悪化などが引き起こされて薄毛へと繋がっていくことがあります。そしてこれらと一線を画す存在として注目を集めるのがAGAという病気です。

AGAは男性ホルモンと頭皮にある5αリダクターゼという特殊な酵素が反応し、ここで生じるDHTという物質が頭髪の成長サイクルを乱して抜け毛を促進してしまうメカニズムを持っています。これを発症すると男性ホルモンの影響の出やすい額の両サイドが薄くなり、ちょうどアルファベットのM字を描くような形状となってしまいます。このM字が生じた場合にはAGAの可能性が強いと考えて良いでしょう。

このようにAGAを発症すると自己ケアだけでは治療することができません。病院機関を受診してまずは遺伝子検査や血液検査でAGAの発症を確かめた上で、飲み薬や塗り薬の処方を受けると効果的です。特にプロペシアという錠剤は5αリダクターゼの働きを抑制してDHTの分泌を抑えるので頭髪の成長サイクルを正常化へと導いてくれます。さらにミノキシジルを配合した塗り薬を頭皮に塗布すると毛細血管が拡張されて栄養分の補給も増加するので、栄養不足の頭髪がしっかりと元気を取り戻すことにつながっていきます。

これらの病院での治療によってAGAの症状が改善されることによって頭髪も健康を取り戻し、M字を織りなしていた部分にも次第にうっすらとした新たな頭髪が実っていくことでしょう。

続きを読む